債務整理の無料相談は法テラスよりも借金問題に詳しいこちらに相談下さい。

借りたお金が返せなくなってしまったら、司法書士や弁護士に相談をして、持っている財産を手放したり、弁護士に債権者へ話をしてもらって自己破産や任意整理を行います。


任意整理をしてもマイホームを維持しながら返済し続ける個人再生を選択することも出来ます。


借入金は減額されますが、持家の借金返済はそのままですので、注意をしましょう。借金を帳消ししてくれるのが自己破産の特徴です。借金によって追い詰められている人にはとても助かるものです。




とはいっても、良い面だけ感じられるというわけにはいかないのです。したがって、デメリットも実感をすることになります。




家や車を手放すことになります。

そうして、約10年以上はブラックリストとして扱われるので、新たに借金をすることは難しいです。

収入がないいわゆる無職でも債務整理をの手続きは選べるのです。


家族などに内緒で措置を行うことは可能なのですが、借入金がいくらかによっては家族に相談をすべきでしょう。専業主婦だから返済が難しいとなれば、弁護士の力で助けてくれるでしょう。個人再生を行うのに必要な費用は、担当の弁護士や司法書士によってさまざまです。

まとまった額のお金を持ち合わせていないので支払いが出来ないという方でも分割で支払いをすることが可能ですので気軽に相談が出来るのです。


自分ではどうすることも出来ない方は相談をしてみてはどうかと感じます。債務整理の手続きをした情報というのは、数年間は記録されます。履歴が残っている間は、借金の申し込みが難しくなります。年数が経過すれば情報は消えるのですが、それまでの間はさまざまな人に閲覧出来て保管をされ続けます。債務の見直しをしたということは、仕事関係の人には内緒にしたいものです。



勤務先に電話するようなことはしませんので、隠しておくことは可能です。でも、官報に掲載されることもあるため、確認を行っている方がいる場合、内緒に出来ないかもしれません。

自己破産をしてプラスになるのは免責になってしまえば借りたお金を返す義務から解放されることです。返済をするにはどうしたらいいか頭を抱えたり、返済日付近にお金をかき集めるようなこともなくなります。特別な財産と言えるものが無い方は、借金返済のために取られてしまうものはかなり少ないと思うので、利点が多いのではと言えるでしょう。


債務整理によってデメリットが発生しないとはそう珍しくありません。


債務問題は解決しても、クレジットカードを使用したり、お金を借りるということが、不可能となります。



そうなると、融資を受けることが難しい事態に追い込まれ、支払いは全て現金ということにせざるをえなくなってしまうのです。こうなってしまうとさまざまな弊害が出てきます。


個人再生は借金問題を解決出来る方法の1つで借入金の額を減額してもらい返済を楽にするものです。手続きをすることでかなりの方の借金苦を落ち着きを取り戻すことが出来たという実証も残っています。

私自身もかつては、この債務整理を行ったことで救われました。銀行に借り入れがある方の場合、債務整理をすることにより、対象の銀行の口座の動きを止められてしまうことがあります。



ですので、凍結される前に口座に入っているお金を空にしておいた方がいいです。銀行は1円でも多く回収出来るように、口座を凍結して銀行の手元にお金が残るようにします。口座から自由に預金を下ろせないのはヒドイと思うかもしれませんが、銀行側の人間からするとちっともおかしいことではありません。債務整理の手続きをすると車購入のためにお金を借りることは難しくなる、とマイナスのイメージを持たれている方もいますが、本当はそうではありません。ちょっとの間は、借り入れを断られてしまうこともありますが、その時期を過ぎてしまえばカーローンを利用することが出来ますので、安心をして下さい。



私は個人再生をしたことによって家のローンの支払いをかなり減りました。


それまでは、月々の返済が難しかったけれど、個人再生で借金を減らせたので月々の支払額も少なくなり、借金で頭を悩ませることもなくなりました。




思い切って弁護士に話して良かったです。債務整理をしたらブラックリストになるため、名前が消される5年の間は、クレジットカードの審査を受けても良い結果をもらえないと言われています。

絶対ではないようで、中には5年以内に新規加入が出来た方もいらっしゃいます。絶対条件とも言えるのが、借金を全額返済し終えることとされています。信頼関係を築ければ、カードの新規加入は難しくありません。任意整理をした場合、任意整理の手続きで交渉に臨んだ金融業者から新規借り入れをすることは不可能です。




とはいっても、任意整理を終えて、さまざまな借入先の借金を完済させて、約5〜10年の年月が流れれば、信用情報に載った事故の内容が一切なくなりますので、その後の借り入れは可能になるでしょう。多重債務者になり任意整理をする場合は、新たにお金を借りたり、クレジットカードを作りたくても、事故の情報が信用情報に残りますので、審査に落ちてしまい、数年間はお金を借りる行為が行えません。借金をすることに抵抗がなくなっているかたの場合、生活はとても厳しくなります。

 

ホーム RSS購読